出会いの場の一つに立ち飲みバーがあります。

普通の着席形式のお店と違って立ち飲みバーには、出会いに向いているメリットがいくつかあるので、ご紹介していきます。

立ち飲みバーのメリット

移動が自由

立ち飲みバーは、席がありませんから、店内を自由に行き来することが出来ます。

ですから、好みの異性がいれば、何の違和感もなく近づいていくことも可能です。

距離が近い

着席形式のバーであれば、テーブルを挟んで異性と相対することが多いですが、立ち飲みバーでは、相手のすぐ横に位置することも出来ます

こういった距離感が、出会いの成功率を高める一つのポイントにもなってきます。

コスパが良い

立ち飲みバーは、席に座ってじっくりお酒を飲みながら、時間を過ごすというスタイルではありません。

ですから、1杯2杯だけ飲むという形でも大丈夫ですし、一人で行くことも可能です。

また、席がない分、料金体系も安くなっているので、立ち飲みバーのコスパは非常に良いと言えます。

立ち飲みバーのデメリット

その一方で、立ち飲みバーで出会いを求めている人は、以下の点に気を付ける必要があります。

疲れる

立ち飲みバーは、当然ですが、座ることが出来ないので、その分、疲れます。

また、人の出入りが激しいので、落ち着いてお酒を飲みたい人には向いていません

落ち着いて話すことは出来ない

立ち飲みバーは特に人気のあるところだと、非常に賑わっています。

賑やかなのは良いことなのかもしれませんが、逆の意味で言うとうるさいです。

ですから相手と落ち着いて話すのが難しく、大声を出さないといけないこともあります。

社交性が求められる

こういったお酒の場では、やはり社交性が求められます

社交性がないと、立ち飲みバーで異性に話しかけたり、仲良くなったりすることはかなりハードルが高くなってくるのでしょう。

相席屋という選択肢も

立ち飲みバー以外にもお酒を飲みながら異性と出会える方法があります。

それが相席屋です。

相席屋は元々と男女の出会いを目的としているため、出会いを求めて集まってくる異性に出会いやすいというメリットがあります。

相席屋は一人で行くことは出来ませんが、もし、一緒に行く友達がいれば、そこで出会いを求めるのも良いかと思います。

相席屋での出会いは可能?その料金や評判とは?出会いの方法はいろいろある

立ち飲みバーも出会いの場を求める人にとっては、一つの重要な手段であることは間違いありません。

ただ、内気な人にとっては、難しい側面もありますので、そういった方には出会い系サイトを利用するというのも一つの方法です。

出会い系サイトであれば、最初は日記へのコメントやメールなど気軽なところから始められるので、気軽に出会いの場を見つけられるというメリットがあります。